青条の蘭

ものすごく久しぶりにもかかわらず、何事もなかったかのようにしれっと日記を書いてみる。

 

 

いろいろとあって本を読む時間などもなくなっている現在ですが、先日、青条の蘭をあらためてじっくり読みました。

邪念もなく集中して、まっさらな状態で読めました。

今思うと初読のときは、データだのなんだの、いろいろと雑念が多すぎました。

 

うん、泣きました。

「丕緒の鳥」の中の4篇の中で、たぶん一番好きです。

出てくる人がみんな、一生懸命なんです。ただひたむきに、自分の役割を全うしようと生きているのです。

なんで、そんなに頑張るの? あなたがそんなに頑張る必要があるの?

そう、登場人物みんなに言いたい。

でも、彼らは頑張るんです。国を救おうとか、そんな大それたことを思っているわけではない。でも、目の前にある小さな、些細な「自分に託された役割」をやり遂げたい。きっとやり遂げなかったら後悔する。

この話の中のひとたちは、みんなそう思っているのです。中心人物だけでなく、蘭を運んでくれる、名もないひとたちも、みんな。

まるで、スポ根漫画みたい。

バカ正直で、一生懸命に目の前のものにただひたすらに打ち込む、マンガの主人公たちのような話だと思いました。

その、ひたむきにまっすぐに生きるすがたに、見ているものはなぜか、とてもとても感動するのです。

スポ根のような、勝負に勝った時の派手なすがすがしさはないけれど、その努力と一途さが報われた彼らが、静かに噛みしめる幸福感がほのかに伝わってくるラストも、またいいのです。

 

十二国記て、国の民の数だけ番外編が作れる気がする。

人が生きるだけ、物語があるのですね。

なんてことのない民たちが、本編の行間でそれぞれのドラマを精いっぱいに演じているのですね。

もっともっとその行間を覗いてみたいです。

 

 

 

本編が読みたいのはいわずもがななのですが、ね。

 

| comments(0) | trackbacks(0) |
残穢観てきました
遅ればせながら。

感想は折りたたみます。
続きを読む >>
| comments(0) | trackbacks(0) |
誰だよこんなに作ったの
ものすっごく久しぶりに、がっつりデータに手を入れようと思ったのだが、
たくさんページと文字量がありすぎて嫌になりつつある。

本を読みながら、あっこれデータに載せてなかったかも、と思ってデータを見直すと、ちゃんと載っててびっくりする。
当時の自分、細けえなあ。

本を読みながら、あっこれデータに載せてなかったかも、と思ってデータを見直すと、やっぱり載ってなくて馬鹿じゃないのと思う。
なんでこれ載せてなかったの?

昨今、スマホで見る人が多いのだと思うが、スマホだとtitleタグが見えないのよねー。
どうすっかなー。
そう考えていると、一からページ構成をやり直したくなって、そして、たくさんページがありすぎて嫌になる(冒頭に戻る)。


根気をください。
……いや、根気はある。
根気を発揮できる時間をください。
| comments(2) | trackbacks(0) |
2015年ありがとうございました
新潮社のツイッターで何か言ってましたが、ワタクシもう、出版社からの小情報程度では心を動かされることは全くありません。
欲しいのは○月○日発売! というその情報!!
来年はきっと、それを伝えてくれるものと信じています(いや、信じてないかも)。

動きのないサイトに訪れてくださった方、ありがとうございます。
置いてあるだけのサイトになっていますが、こんなサイトにお越しくださり有難い限りです。
来年も、たま〜〜に思い出していただけたら嬉しいです。

 
| comments(0) | trackbacks(0) |
昔の絵……
掃除をしていたら、昔描いた絵というか落書きが大量に出てきました。
前は掲載していたけど、下げちゃったやつとか……
いまも上げてるやつの、なぜか別バージョンの絵とか……。
なぜ別バージョンの絵があるのか、自分でもわからない!

この頃のほうが、なんというか、とてもひたむきでしたね。
ひたむきに絵を描いていた感じがします。
そういう意味で、ちょっとこのころの自分を尊敬する。
ということは自分、あんま絵に関しては成長していないんだな。
| comments(0) | trackbacks(0) |
たまには書く。
いったい今、どのくらいの人がここをご覧になっているのだろうとは思うのですが、
放置しっぱなしも悪いと思うのでたまには書きます。
小野せんせいの絵本が出ていたり、残穢が映画化?ホントに? とか色々噂は聞きますが、モチベーションが出てくるような話題ないですかね、こんにちは(挨拶)。


長年サイトをやっていると思うのですが、サイトに手を入れたくなる(入れなきゃいけないということに思い至る)時期って、盆暮れ正月なんですよね。なんででしょう。それなりに仕事とかに休みが多いからかなあと思うのですが、盆暮れ正月って仕事に休みは多いけれど私生活は私生活でそれなりに忙しい時期なんですよね。しかも、夏はクソ暑くてあまり集中力が発揮できないので、必然的に暮れ正月のほうが多くなります。時間とモチベーションをくれ。以上。


サイト上でもいろいろとやりたいことはあるのです。
少しずつでもいいからやりたいです。言うだけはタダです。
| comments(0) | trackbacks(0) |
かぜ
正月ネット三昧しようと思ったら、かぜひいてしまいました。
頭ボーっとしてました。
あ、もうだいぶ治りました。

怒涛のように仕事始めでした。
えっまだ3日しか経ってないの?
もう1週間くらいは働いた気がします。
むしろ1ヶ月くらい働いた気がします。

あーお絵かきしたいー。
いいお絵かきソフトないですかねー。
| comments(0) | trackbacks(0) |
2015年もよろしくお願いします。
ひつじ年におすすめの本。



なんで? に答えてしまうとネタバレになってしまうので、読んだ方だけ「あ〜」と思ってください(笑)  
| comments(0) | trackbacks(0) |
<<最近  Page: 2/14  過去>>

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

新着日記

過去日記

Comment

日記内検索