Entry:  <<次の日  main  前の日>>
雛人形をじっくり見てみる
この時期、雛人形売り場が特設されてたりすると、じっくり見てしまいます。
よ〜く見ると、色々違っていたりで面白いのです。
顔や衣裳の模様なども綺麗で面白いんですけど、私の着眼点は

 どんな(形の)衣裳を着ているか

です!

でも、内裏雛は大きく分けると2種類の違いしかないので、あまり面白くないのです。
それは、女雛が掛け帯をしているタイプと


掛け帯がないタイプ。


掛け帯があるタイプは大まかに言うと江戸期の衣裳で、ないタイプは平安期くらいのものです。
大体の雛人形はこのどちらかです。
もっと細かい部分の違いやその店独自のこだわりはあるでしょうけれど。

そんなわけで、内裏雛を見るよりも、自分的にじっくり見てしまうところ。

それは三人官女。

三人官女は色々あって面白いです。
三人官女が豪華な衣裳を着ていれば着ているほど値段が高い傾向があります。


普通は大体こういう三人官女ですが。



これなんか、三人官女も女雛のように、裳唐衣をつけて正装しています!(滅多に見かけないです)
裳というのは、腰につけて後ろに引いているやつです。
だけど……なぜ三人官女は掛け帯付きの江戸期の衣裳なのに、女雛は平安期の衣裳なんだっ……。


これは、女雛も官女も江戸期の正装をしています!(滅っっっ多にないです)
しかも、髪に挿し櫛までして、かなりの正装をしています。(滅っっっ多にないです)
こういうのはお高いと思います。


くっ……黒い雛人形っ…………!!!
かなりのインパクトです。
留袖とウェディングドレスがコンセプトらしいですよ。
どのへんがウェディングドレスかと言うと、裳がレースになってます。
が、かなり………喪服です………。
需要はあるのだろうか……。


これ、最近店頭でもよく見かけます。
三人官女が紫式部、小野小町、清少納言になっているやつですね。
三人ともちゃんと、掛け帯なしの平安期裳唐衣正装をしております。
がっ…………なぜ、なぜそこで女雛が江戸期衣裳なんだっっ………!!!!


とまあ、ネットショップを眺めているだけでも色々な官女たちがあって面白いんですが、店頭でこんなふうにじっくり眺めていると店のおじさんに声をかけられます。
「どんなものをお探しですか?」
「いや、好きでみているだけです」
買う予定なんて全くありません……。

こんな私でも、ちゃんとした人形店に入る勇気はございません。
イトーヨー〇ドーの特設売り場が狙い目です。


 ※画像は、楽天やYahoo!ショッピングなどからお借りしました。
| comments(1) | trackbacks(0) |
Comment
??的?候要依靠自己的判断,千万不能随波逐流。
by: ?国食品网上商城 ( 2016/07/28 1:33 AM )








Trackback

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

新着日記

過去日記

Comment

日記内検索